1. トップ
  2. 都民劇場とは
  3. 沿革

沿革~都民劇場の歩み~

都民劇場は、優れた演劇・歌舞伎・音楽を手頃な会費で定期的にご覧いただく会員制の鑑賞組織で、昭和21年(1946)創立の日本で一番古い歴史と伝統を持つ鑑賞団体です。

昭和21年、戦後の荒廃の中で希望を失っていた人々に、演劇や音楽を通して、夢と潤いを提供しようという目的のもとに、学識経験者と当時の東京都教育局関係者らの発案で誕生しました。

創立当初は、歌舞伎、新劇、オペラ、映画をトータルに鑑賞し、ときには制作していましたが、時代が落ち着き、鑑賞する方々の趣味の多様化に応える形で、演劇、歌舞伎、音楽、新劇、映画と、順次5つの専門サークルに分かれ、現在は演劇・歌舞伎・音楽・新劇の4つのサークルとなっております。

1946年 4月27日 東京都教育局において「演劇教室都民劇場」の発足が決まる。この日を都民劇場創立記念日とする。
7月 「演劇教室都民劇場」第1回は菊吉幸合同公演大歌舞伎(東京劇場)。
1947年 3月 「演劇教室都民劇場」を「文化組合都民劇場」に改組し会員制鑑賞団体で発足。
※運営委員会 委員長=小宮豊隆 副委員長=宇佐美毅・大田黒元雄・河竹繁俊・高橋歳雄・辰野隆・南江治郎・新関良三・野上豊一郎・土方与志・森岩雄・山田肇と会員代表25名
6月 「都民劇場(現・演劇サークル)」の第1回定期公演はオペレッタ「コルヌヴィ-ルの鐘」(大隈講堂)
9月 戦後初の文楽・東京公演を実現。(東京劇場)
11月 10月の宮内府雅楽公演に協力。「芸術祭」に参加し、文部大臣から感謝状を授与される。(都民文化館)
1951年 1月 歌舞伎サークル発足(斡旋制度)。定期公演制は1956年10月より始まる。
6月 音楽サークル発足(斡旋制度)。定期公演制は1953年4月より始まる。
11月 初のオペラ自主制作「ファウストの劫罰」日本初演(日比谷公会堂)。
1952年 2月 「子供かぶき教室」を東京都教育委員会と共催で発足。
11月 <各流能楽祭>を自主制作(現・宝生能楽堂)。
1955年 4月 「財団法人都民劇場」発足。「都民劇場」と呼称していたサークルを演劇サークルと改称する。
会長=小宮豊隆 副会長=本島寛 理事・事務局長=糟谷道明 理事=安部能成・宇佐美毅・大田黒元雄・河竹繁俊・久保田万太郎・近衛秀麿・高橋歳雄・辰野隆・中野ツヤ・中野弘・中山卯郎・南江治郎・新関良三・野村光一・堀内敬三・三宅周太郎・山岸祐・山田肇
10月 新劇サークル発足。定期公演制。
1956年 5月15日 創立10周年式典を歌舞伎座で開催。
都民劇場創立10周年オペラ「薔薇の騎士」日本初演。(自主制作)
1957年 8月 フランスのパレナン弦楽四重奏団を招聘(本財団初の海外招聘公演)。
1958年 11月 オペラ「ペレアスとメリザンド」(自主制作)日本初演、フランスから指揮者ジャン・フルネ、歌手ジャック・ジャンセン招聘。
12月 「都民劇場五流競演能」本財団主催。1ヶ月にわたり水道橋能楽堂で開催。
1959年 4月 映画サークル発足(劇場窓口割引と斡旋制度)。定期公演制は1961年より始まる。これで5サークル制となる。
11月 劇的オラトリオ「火刑台上のジャンヌ・ダルク」日本初演。自主制作。
1960年 1月 事務局が教育庁福利課から現在の数寄屋橋ビルに移転。
1964年 1月 前年に自主制作したオペラ「椿姫」で毎日芸術賞を受賞。
5月 日生劇場と本財団のニッセイ名作劇場・子供のためのミュージカル発足。
第1回は「はだかの王様」。
1965年 6月 「よいテレビ作品、よい映画を見る会」スタート。第1回は「私は貝になりたい」ほか(国立教育会館・虎ノ門ホール)。
1966年 5月8日 都民劇場創立20周年記念式典を開催。5月8日東京文化会館で祝賀能上演・能「鷺」狂言「髭櫓」半能「高砂」を上演。5月9日祝賀会(東京會舘)
1968年 4月 「映画芸術劇場」スタート。
1969年 9月 第1回芸談の会「祖父の芸・吉右衛門の芸」
11月 「古典芸能鑑賞会」発足。第1回は「井上流・京舞の会」。
1970年 6月 都民劇場創立25周年を記念し、京都より狂言茂山一門を招いて狂言の大曲「唐相撲」を上演(水道橋能楽堂)。
1972年 5月 会長制より理事長制に改める。顧問=新関良三 理事長=糟谷道明 各サークル企画委員に委員長制を置く。
1973年 1月 「ヨーロッパ古典名作研究会」開催。月1作品半年を1期とし、75年12月まで6期開催。
1976年 5月 創立30周年記念公演「オイディプス王」(日生劇場)。
1978年 6月 文化庁創立10周年にあたり、芸術の文化の振興に尽力したことにより文化庁より表彰を受ける
1979年 5月 歌舞伎座三階席「天井桟敷の会」スタート。
8月 小ホール音楽シリーズスタート。第1回は「東京チェンバーソロイスツ」。第6回まで開催。以降「とみん特選小劇場」に統合。
1981年 5月 創立35周年記念公演。六代目尾上菊五郎三十三回忌追善「圑菊祭大歌舞伎」(歌舞伎座)。
1982年 9月 「親と子の歌舞伎鑑賞会」スタート。第1回は新橋演舞場、第2回以降は歌舞伎座。
10月 「とみん特選小劇場」スタート。第1回は「すばらしいアニメーションの世界」(ヤマハホール)。
1983年 1月23日 「子供かぶき教室」30周年記念式典(歌舞伎座)。1987年より「子供歌舞伎教室」と改称。
6月 「能楽鑑賞講座」スタート(講師・野口敦弘)。
10月 「都民の日・都民半額観劇会」スタート。
第1回は森繁久弥第1回都民文化栄誉賞受章記念を兼ねた「孤愁の岸」を鑑賞(帝国劇場)。
1984年 5月 第1回都民劇場特別事業委員会企画による自主公演「裸の大将放浪記」(東京公演)を開催(よみうりホール)。
12月 古典芸能鑑賞会「能と狂言」は文化庁芸術祭に参加。「自然居士」の桜間金太郎は芸術祭優秀賞を受賞。
1986年 1月 「都民半額観劇会」東京都、日本演劇興行協会、本財団の三者共催により、春・夏・秋・冬の年4回実施する。
1987年 5月 創立40周年記念、銀座セゾン劇場柿落とし公演「夏・南方のローマンス」を劇団民藝と本財団共同企画。
1989年 1月 オペラ「夕鶴」500回記念公演を二期会と共同制作(新宿文化センター)。
1991年 1月 「都民半額観劇会」が年4回から5回となる。
5月 都民劇場創立45周年記念公演として「中国・上海昆劇団」を招聘。
「潘金蓮」「新胡蝶夢」「昆劇精華」(東京芸術劇場)
1996年 1月 半世紀にわたる本財団の文化活動に対し、毎日新聞社より毎日芸術賞・特別賞受章。
4月 「都民劇場50年史」刊行。
5月 創立50周年記念事業・中国昆劇合同公演、木下順二作に據る「夕鶴」を企画・招聘(東京芸術劇場)。
1998年 7月 本財団と共催の「ニッセイ名作劇場」より、永年の功績に感謝状を授与される。
2001年 3月 糟谷道明理事長が顧問、河竹登志夫理事が理事長に就任。
2002年 3月 「都民劇場55年記念小史」刊行。
2003年 11月 「子供歌舞伎教室」が東京都主催から、本財団と東京都の共催となる。
2004年 11月 事務局が銀座・数寄屋橋ビル改築のため、銀座・朝日ビルへ移転。
2006年 5月 創立60周年を迎え記念事業として、前進座の創立七十五周年記念公演と共催で「五月国立劇場公演」を開催。
11月 事務局を銀座・朝日ビルから銀座・数寄屋橋ビルへ再移転。
2008年 3月 劇団民藝「浅草物語」(東京芸術劇場)。劇団民藝と本財団との提携企画。
2009年 9月 TOKYO京劇フェスティバル主催(東京芸術劇場)。
湖北省京劇院・中国国家京劇院・上海京劇院・北京京劇院の4劇団招聘。
12月 歌舞伎座三階席「天井桟敷の会」歌舞伎座建替えのため休館につき事業終了。
2011年   創立65周年記念事業を開催。
6月30日 とみん特選小劇場(第36回)「柳亭市馬・桃月庵白酒ふたり会」(紀伊國屋ホール)。
7月 創立65周年記念公演「風と共に去りぬ」(帝国劇場)。
9月10日 とみん特選小劇場(第37回)「追悼・川本喜八郎の世界 すばらしいアニメーション」(日経ホール)。
10月11日 とみん特選小劇場(第38回)「白石加代子 百物語」シリーズ第二十九夜(日経ホール)。
10月20日 古典芸能鑑賞会(第91回)「都民劇場能」能(金春流)「三井寺」と狂言(大蔵流)「素袍落」を上演(宝生能楽堂)。
12月13日 鼓童結成三十周年スペシャル「鼓童ワン・アース・ツアー」(青山劇場)を主催。
2012年 2月23日 古典芸能鑑賞会(第92回)「都民劇場能」能(観世流)「羽衣」と狂言(和泉流)「樋の酒」を上演(宝生能楽堂)。
3月 映画サークル終了
4月 公益財団法人「都民劇場」に移行(役員名簿