1. トップ
  2. サークル紹介
  3. 演劇サークル

演劇サークル

都民劇場で一番人気のあるサークルです。帝国劇場、新橋演舞場、明治座、国立劇場等の大劇場の芝居から東急シアターオーブ、三越劇場 などの様々な劇場で、幅広く観劇できます。今期は全29公演の中から半年間に5回のお芝居をご覧いただきます。

「いいものは 見逃さない」という芝居好きの方におすすめします。
話題の舞台から最新のミュージカルまで盛りだくさんです。

現在、12,000人の会員が在籍しています。

サークル委員長からのメッセージ


演劇・演藝評論家・公益財団法人早川清文学振興財団理事 矢野誠一氏

東京で、毎日こんなにも沢山のお芝居が上演されつづけているような時代がやって来るとは、もう五十年以上芝居を観つづけている私も、夢にも思ってみませんでした。その沢山の舞台のすべてに目を通すことなど、物理的にも到底不可能なことです。

公益財団法人都民劇場は、こうした沢山の芝居のなかから、より優れた作品を、低廉な料金で鑑賞していただくべく、会員の皆様方のお手伝いをしてまいりました。

とりわけ年間10回の定期鑑賞会を持つ演劇サークルの対象作品は、商業演劇とよばれる大劇場公演、収容人員千名前後の中小劇場で上演される現代演劇、昨今上演機会の急増しているミュージカル、ときに代表的伝統演劇の歌舞伎や、その対極にある新劇と、まことに多種多彩広範囲に及んでいます。ジャンルの壁が取り払われて久しい、現代演劇事情を象徴しているのが、演劇サークルの定期鑑賞会の取りあげる約50本の選択作品と言えるでしょう。

そんな多彩な作品のなかから、身のまわりの煩わしさを忘れさせ、楽しい夢の世界に誘ってくれるような作品を選択するべく、私たちも微力をつくす所存です。

劇場に一歩足踏み入れれば、日常を逸脱した世界で、豊かな時間を過ごす喜びが得られることを、もっともっと多くの人に知って頂きたいと願っています。

2017年度下期のラインアップについて

会費30,000円(第1回~第5回の5公演分)
※特別会費が必要な公演もあります。

演劇サークルラインアップ