1. トップ
  2. サークル紹介
  3. 新劇サークル

新劇サークル

新劇という狭いジャンルを越えて、古典から新作、海外からの来日公演、
民藝、文学座などの劇団公演など、意欲あふれる新鮮な舞台を精選しております。
好奇心のアンテナを高くかかげてとびきりの舞台をお届けします。

今期は全21公演の中から半年間に5回のお芝居をご覧いただきます。

現在、2,000人の会員が在籍しています。

サークル委員長からのメッセージ

新劇サークルへのお誘い


演劇評論家 大笹吉雄氏

上質の、たくさんの商品の中から自分好みの逸品を選んで買える伝統のあるデパート、のようなサークル―それが新劇サークルです。

文学座や俳優座、民藝や青年座といった老舗の劇団をはじめ、井上ひさし作品を専一的に上演しているこまつ座や、多くの人気俳優を擁するホリプロその他、国内外の新作、名作、古典などの多様な戯曲の魅力を俳優という身体を介して現前させる新劇を鑑賞するのを主な目的にしています。

二十一世紀に入って十余年、世界の様子はますます不透明さを増しています。しかし、だからこそ、それがどうしてそうなのか、そしてこれからどうなるのか、そういう世界や社会の仕組みを言葉と身体の関係を通して見つめ、明らかにしようとする新劇のこころみは、わたしたちの生き方に一つのヒントと力強いメッセージを与えてくれると思われます。大事なことは、このこころみがリアルでシリアスであると同時に、語り口がやさしくて、楽しめるものであることです。

そういう舞台作品を複数の候補のなかから選び、スケジュールに合わせてリーズナブルな料金で観劇できます。また、さまざまな舞台を見たいとのご要望に応えて、新劇のみならず、ミュージカルやバレエなどをも鑑賞の対象にしています。つまり、舞台芸術のエスプリを堪能できるサークルです。ご入会をお待ちしています。

2017年度下期のラインアップについて

会費26,000円(第1回~第5回の5公演分)
特別会費が必要な公演もあります。

新劇サークルラインアップ